ワキガを治したかったら辛いものは食べずに和食を食べましょう

ワキガの大きな原因となっているアポクリン汗腺から出ている汗には、沢山のタンパク質が含まれています。
そしてそのタンパク質が分解される事で、悪臭を放つようになってしまうのです。
なので根本から脇の臭いを抑えたかったら、皮脂腺の働きを活発にして臭いを作ってしまう「動物性脂肪」の多い食べ物を控えるようにしましょう。
それから唐辛子入りのラーメンのような刺激物も、皮脂が分泌されて脇の匂いを強めてしまいます。
なので辛いものを食べるのは、程々にしておきましょう。
さらにインスタント料理ばかりを口にするのも、脇の臭いを増加させます。
ですから体臭を気にしているのなら、なるべく添加物の多い加工食品は食べないようにしましょう。
インスタント食品は難しい調理をする必要も無いのでお手軽では有りますが、その一方で健康を害す危険が多少なりとも有る事を忘れてはなりません。
出来れば脂の少ない和食をメインにし、野菜や海藻もいっぱい摂取するようにして下さい。
そして食べ過ぎや食べなさ過ぎる事に注意し、健康的で正しい食事をするのです。
理想的なのは、腹8分目で食事を辞める事です。
食事の仕方を変えれば脇の臭いも減り、不快感を覚える事も少なくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です