ワキガの症状の重度具合について)

ワキガの症状には
・軽度
・中度
・重度
と大きく分けて3つに分かれます。

これにより自身のワキガが
どれくらい酷い症状なのかが分かります。

ワキガの中で
軽度が一番症状が軽いです。

軽度ぐらいだと
ほとんどは自分自身が臭いを感じる程度です。

普段の生活にも特に支障はなく
脇の部分を嗅いだら、臭うかも‥
という位で
他人に嫌な臭いに気付かれる事は少ないと言えます。

しかし、たっぷり汗をかいてしまったら
人によっては近くに行けば臭う事があります。

次に中度のワキガの症状は
軽度よりも臭いがきつくなり
直接、脇を臭わなくても
ツーンとした臭いが漂うのが特徴です。

汗をかいていない時は
気にするほど臭わないのですが
汗をかいてしまった場合は
他人に気付かれるほど
強い臭いを放つレベルになります。

ワキガの中で最も症状が重い重度の場合は
汗をかいていなくても
常にワキガ独特の臭いを放っています。

脇をどんなに清潔に保とうと
制汗剤を使用しようと
虚しく効き目はあまり無いと言えます。

この場合は、治療するという方法しかなくなります。

ワキガにはこのように3つの症状があり
ランクにより改善策・予防策も変わってきます。

まずは、自分がどの位の症状なのかを把握し
それから改善や予防を心掛けることで
ワキガの臭いを抑える事がぐんと上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です